本文へ移動

オチロック工法

オチロック工法(既成RC柱状材による地盤補強工法)

オチロック工法の特徴

● 補強材の支持力 スウェーデン式サウンディング試験(SWS試験)による地盤調査により
  支持力算定を行います。
● 品質管理が明確 既製品なので品質のバラツキがありません。
● 環境にやさしい工法 低騒音・低振動また水質、土壌汚染の心配がない周辺にやさしい工法です。
● 工期が短縮 地盤に合った最適な施工機で工期の短縮を実現します。また、支持くい工法とは
  異なり、くい頭処理を行うことはありません。
● 省スペース工法 コンパクトな施工機で狭小地でも施工が可能です。
● 残土処理が不要 排出される土がなく、残土は発生しません。
  (地盤状況によっては発生する場合もあります。)

【基礎構造】
基本構造

 
【補強材の寸法・形状】

正六角錐台の形状を有する長さ5mの鉄筋コンクリート柱状材で先端から頭頂に向かい0.5%のテーパーが付けられております。

【外形図】
 
外形図
既製RC柱状材
施工状況

建築技術性能証明書

(2010-12-19 ・ 128KB)

越智建設株式会社
〒053-0052
北海道苫小牧市新開町3丁目11-4
TEL.0144-55-6675
FAX.0144-55-5769
1.地盤補強工事
2.地盤調査
3.生コンクリート
 セメント資材販売
4.産業廃棄物中間処理
5.再生路盤材製造販売
6.切込砂利販売
0
3
6
3
8
0
TOPへ戻る